若くいるために日常生活で気を付けたいこと3つ

いつまでも若々しくいたいというのはどの女性も思っていることでしょう。

ですがいくら化粧水やコスメなどを使っていても、日頃の肌の手入れを怠っていては若々しくいることはできません。なので、ここでは日常生活で気をつけなければいけない3つのことについて解説します。

紫外線をカット

紫外線による肌の老化を光老化といいます。年齢を重ねると起こる通常の老化に加え光老化が起きると1層肌の老化を進行させます。光老化はシミ、シワ、イボ、たるみなどを引き起こします。

外出する時は日傘や帽子など忘れず、室内にても心配な方は遮光カーテンなどで紫外線を遮るようにしましょう。このように紫外線を遮ることはアンチエイジングに最も効果的です。

ビタミン豊富な野菜に果物

ビタミンは美肌づくりに欠かすことができない栄養素です。

ビタミンA→皮膚や粘膜を強化し肌荒れを防ぐことができます。肌を乾燥から守る効果もあります。

ビタミンC→シミの原因となるメラニン色素の生成を阻害する効果があります。また、できてしまったメラニン色素を還元し無色化することによって、シミを薄くする効果もあります。

ビタミンE→ビタミンEはアンチエイジングに必須の栄養素です。ビタミンEの摂取により紫外線によって生じたシミやたるみの元となる活性酸素を減少させることができます。

お酒とタバコは控えるように

お酒を大量に飲んだ翌朝、肌がカサカサになってることはよくあることと思います。

なぜかというとお酒の利尿作用で水分を排出してしまったり、血液中のアルコール濃度を下げようと水分が血液の方にいくことにより、体内の水分が減少してしまうからです。

また肌からアルコールが蒸発する時にも水分が一緒に蒸発してしまいます。タバコは、血流が悪くなりシミやたるみの原因となる活性酸素を増加させてしまいます。美しい肌にしたいと思うのならばお酒やタバコは控えるようにしましょう。

美しい肌を維持し日頃から若くいるためには日常での努力を怠ることはできません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする